仕入れなら業務用卸売市場Mマート

食品業界ニュース

種の巻き付け進む

水産新聞
写真はイメージです。記事とは関係ありません。
 利尻・礼文両島の養殖業者は種コンブの巻き付けを進めている。種の再生状況は地区間でばらつきがあり、鴛泊や沓形が良好な一方、仙法志は芳しくなく他地区からの供給分で補てんした漁家も。例年に比べ種が小さめという地区もある。
 毎年11月から12月にかけて行う巻き付け。1年前に「どぶ漬け」(遊走子が放出された水槽にロープを入れる手法)で採苗した種コンブの中から二次成長(再生)が良好なものを選び、養殖ロープに巻き付けていく作業。その後成長したコンブを翌年の夏に収穫する。