仕入れなら業務用卸売市場Mマート

食品業界ニュース

16カ月連続減の7万685戸(8.3%減)

インテリアビジネスニュース
写真はイメージです。記事とは関係ありません。
国土交通省が発表した2020年10月の新設住宅着工戸数は、7万685戸(前年同期比8.3%減)と16カ月連続の減少となった。季節調整後の年率換算は80万2000戸(前月比1.6%減)と3カ月連続の減少となった。

 種別では持家が2万3013戸(同6.1%減)と15カ月連続の減少、貸家が2万6043戸(同11.5%減)と26カ月連続の減少、分譲住宅は2万706戸(同9.6%減)と12カ月連続の減少となった。また分譲住宅のうちマンションが9908戸(同0.9%減)と5カ月連続の減少、一戸建住宅は1万647戸(同16.3%減)と11カ月連続の減少となった。

地域別戸数
■首都圏 総戸数(前年同月比 8.8%減)
持家(同 2.4%減),貸家(同 7.8%減),
分譲住宅(同 14.4%減)
うちマンション(同 8.8%減),うち一戸建住宅(同 18.6%減)
■中部圏 総戸数(前年同月比 8.5%減)
持家(同 7.9%減),貸家(同 22.4%減),
分譲住宅(同 8.5%減)
うちマンション(同 26.6%増),うち一戸建住宅(同 21.4%減)
■近畿圏 総戸数(前年同月比 2.2%減)
持家(同 1.1%増),貸家(同 3.2%増),
分譲住宅(同 8.7%減)
うちマンション(同 12.5%減),うち一戸建住宅(同 3.8%減)
■その他地域 総戸数(前年同月比 10.2%減)
持家(同 8.6%減),貸家(同 16.7%減),
分譲住宅(同 3.0%減)
うちマンション(同 19.5%増),うち一戸建住宅(同 16.9%減)

 情報提供「インテリアビジネスニュース」