仕入れなら業務用卸売市場Mマート

食品業界ニュース

顧客接点の拡大や品揃えの充実

デパートニューズウェブ
写真はイメージです。記事とは関係ありません。
 コロナ禍による旺盛な「イエナカ需要」を取り込むため、百貨店の寝具売場はデジタルツールを通じた顧客接点の拡大や、機能性が高く上質な商品を増やすといった施策を講じる。
 大丸東京店は大丸松坂屋百貨店のインターネット通販(EC)サイトでの寝具の取り扱いを始め、外商顧客を対象にビデオ会議システム「Zoom(ズーム)」を用いたオンライン接客にも着手。
 そごう横浜店は、ニーズが高まっている保温性の高い寝具で高価なものを揃え、売場の魅力を磨くと同時に単価アップを狙う。
 外出自粛によって家で過ごす時間が増えた結果、イエナカ環境を充実させようという機運が目立ち、百貨店の寝装・寝具の売上げは堅調な推移を遂げている。この好機を生かすため、各店は最善を尽くす。

  記事全文はこちら
  情報提供「デパートニューズウェブ」