仕入れなら業務用卸売市場Mマート

食品業界ニュース

農の未来図みんなの手で:新規就農者確保へ

農業共済新聞
写真はイメージです。記事とは関係ありません。
 地域農業の基幹となっている肉用牛繁殖の新規就農者確保に向け、大分県竹田市では地域おこし協力隊が「肉用牛ヘルパー」として活動する。
 受け入れの核は、同市の久住地域肉用牛ヘルパー組合(植木三雄組合長)だ。
 地域おこし協力隊は、同組合のヘルパーとして活動しながら、さまざまな規模の現場で飼養管理のノウハウや工夫を学ぶ。
 農家との交流の中で人間関係が築けるため、定住と就農に踏み出しやすいメリットがあり、産地振興へ期待が大きい。