仕入れなら業務用卸売市場Mマート

食品業界ニュース

全さんまの集計

水産新聞
写真はイメージです。記事とは関係ありません。
全さんまの集計によると、10月末現在の水揚げは前年同期比36%減の1万2913dにとどまった。年間で過去最低を記録した昨年の4万517dを下回ることが濃厚となっている。
 薄漁を受け、キロ平均単価は49%高の594円に上昇しているものの、金額は6%減の76億6587万円と減産分を補えない状況。
 北海道が49%減の7915d、本州が3%増の4997d。道内主産地の花咲が49%減の6341d。岩手県の大船渡が5%増の2047d、宮城県の女川が67%増の1345dと上回った。キロ平均単価は北海道が59%高の641円、本州が34%高の520円。