仕入れなら業務用卸売市場Mマート

食品業界ニュース

岩手大など、来月稚魚投入

水産新聞
写真はイメージです。記事とは関係ありません。
 秋サケの記録的な不漁が続き、岩手県内でサケ・マス類の海面養殖試験に乗り出す動きが相次ぐ中、今度は釜石市でサクラマスの試験が始まる。釜石湾で稚魚から飼育や越夏試験を行い、陸上では種苗開発に挑戦する海面・内水面一体のプロジェクト。岩手大学が主導し、海面いけすへの稚魚投入は11月の計画だ。高速大容量の第5世代移動通信システム(5G)も活用し、事業化の可能性を見極める。
 9日に岩手大学釜石キャンパス(同市)で開かれたサーモン養殖勉強会で、同大三陸水産研究センター客員教授の高橋禎氏(県内水面水産技術センター前所長)が試験の概要を説明した。