仕入れなら業務用卸売市場Mマート

食品業界ニュース

青森、秋田、岩手、宮城を追加

トラベルニュースat
写真はイメージです。記事とは関係ありません。
 福島県は10月15日から、福島県内の宿泊する人に5000円を補助する支援制度の対象に青森、秋田、岩手、宮城の4県を追加した。また、宿泊対象期間を10月31日までから2021年1月31日宿泊分まで延長した。

 6月から実施している観光需要喚起策で、当初、福島県民に限定していたものを、9月から対象を隣接する山形と新潟県民に拡大していた。

 1人1泊7700円以上の宿泊から5000円を割り引き県が負担する。3連泊まで利用でき、利用回数に制限はない。ただ、ビジネス目的は対象外で、Go Toトラベルとも併用できない。

 県内宿泊支援制度では、これまでにおよそ13万泊分の利用があった。県では「全体で18万泊分を支援する事業で、まだ5万泊程度の利用が可能です。忘新年会のご利用にも期待しています」と話している。

  情報提供「トラベルニュースat」