仕入れなら業務用卸売市場Mマート

食品業界ニュース

改正漁業法 「浜の理解不可欠」

水産新聞
写真はイメージです。記事とは関係ありません。
 管義偉新内閣が16日発足した。野上浩太郎農林水産大臣は17日の就任会見で2030年までに農林水産物と食品の輸出額を5兆円に増やす目標の達成を、最重要課題として取り組む考えを示した。新型コロナウイルス感染拡大で需要が落ち込んだ農林水産物の消費拡大などさまざまな課題に取り組んでいく。
 19年の輸出額は前年比0・6%増の9121億円で、目標としていた1兆円には届かなかった。政府は今年3月、30年に5兆円に引き上げる新たな目標を決定。新型コロナウイルスの影響で出鼻をくじかれたが、「今年4月に発足した農林水産物・食品輸出本部を中心に政府一体となって、あらゆる手段を講じていきたい」とした。