仕入れなら業務用卸売市場Mマート

食品業界ニュース

最低水準続く 6〜8月476d

水産新聞
写真はイメージです。記事とは関係ありません。
 函館市水産物地方卸売市場のスルメイカ取扱い(鮮・冷凍合計)は、6〜8月の累計で数量が前年同期比6%増の476d、金額は7%増の3億6858万円。
 どちらも、記録が残る2005年以降で最低だった昨年を上回っているものの、依然低水準で推移。キロ平均単価は1%高の774円と高騰している。
 鮮は数量17%減189d、金額14%減1億7330万円で、どちらも最低。キロ平均単価は4%高917円。
 冷凍も苦戦。前年の1割強に激減した昨年同期に比べて数量30%増287d、金額37%増1億9528万円。キロ平均単価は5%高680円。