仕入れなら業務用卸売市場Mマート

食品業界ニュース

有機食品の購入意向

全国農業新聞
写真はイメージです。記事とは関係ありません。
 農水省はこのほど、有機食品の消費者の意向調査を取りまとめた。
 有機食品の生産国では、「国産しか購入しない」「割高でもできるだけ
国産を購入する」の合計が米は86.2%、豆腐・納豆、そば、生鮮野菜は6割
以上を占めた。
 回答者の年齢が高くなるほど国産へのこだわりが高かった。
 有機食品に限らない食品全般でも購入時に確認する表示内容は「原産国」
が72.5%で最高だった。
 有機食品を購入したい品目は生鮮野菜が59.5%、次いで生鮮果実が25.8%、
パンが25.3%だった。
 有機食品を飲食する頻度は「月に1回未満」が34%で最多。
 「ほとんど毎日」は5.9%だった。
 有機食品を飲食する頻度が高い人ほど、農業や環境問題に関心の高い傾向
があった。
 調査は過去1年間に有機食品を飲食した20歳以上を対象として昨年8〜9月
に実施し、1099人から回答を得た。