仕入れなら業務用卸売市場Mマート

食品業界ニュース

昨年以上の来遊見込む

水産新聞
写真はイメージです。記事とは関係ありません。
 水産研究・教育機構は7月29日、2020年度第2回日本海スルメイカ長期漁況予報を発表した。今後の見通し(8〜12月)として、今期の全体の来遊量は前年を上回り、近年(15〜19年)平均を下回ると示した。
 6月までの日本海沿岸各地の漁況経過、6月中旬から7月上旬に実施した漁場一斉調査(日本のEEZを網羅するように配置した56の調査点)の結果、冬季発生系群を主体とした太平洋側への来遊状況、9月までの海況予報を情報に予測した。