仕入れなら業務用卸売市場Mマート

食品業界ニュース

高知、宮崎、鹿児島 大雨で「やや不良」

農業共済新聞
写真はイメージです。記事とは関係ありません。
 農林水産省は7月28日、2020年産水稲の西南暖地における早期栽培の作柄概況(7月15日現在)を発表した。高知、宮崎、鹿児島の3県は、低温や大雨などの影響で平年と比較して「やや不良」、天候に恵まれた沖縄県(第1期稲)は「やや良」を見込む。
 沖縄を除く3県は、田植え期以降の低温で穂数は「やや少ない」見込み。6月中旬からの出穂期以降は、大雨や日照不足の影響を受け、高知、宮崎の登熟は「やや不良」、鹿児島は「平年並み」を見込む。
 調査は、四国・南九州地域で8月中旬ごろまでに収穫する栽培方法と、沖縄の二期作の第1期稲が対象。全国の収穫量に占める4県の早期栽培における割合は19年産で1.0%となっている。同省では需給緩和が懸念される状況を踏まえ、主食用から飼料用などへの仕向け先変更を呼び掛けている。