仕入れなら業務用卸売市場Mマート

食品業界ニュース

先行き不安感あるも前向きにとらえる企業多い

健康ジャーナル
写真はイメージです。記事とは関係ありません。
 新型コロナウイルスによる緊急事態宣言も全国的に解除され、1ヶ月半ぶりに県外への往来も解除され、ようやく全国的な営業活動が可能になった。今年前半はイベントが全面的に中止となり、新製品の発表イベントなどの販促活動や新規獲得ができずほとんどの企業が休業状態だった企業が多く見られた。それでも「後半、特に秋の展示会やイベントに向けた準備を進めている」という後半戦に向けた準備を整えている企業が多い。6、7、8月は業界の大きなイベントはないため当面は9月以降に開催予定の展示会を主軸に検討されている企業が多いようだ。「夏以降、新型コロナウイルスの第2波、第3波は想定されているため、展示会やイベントの開催有無はわからないが、先のことは考えても仕方ない」という企業が大半だ。現在のところ9月15日(火)〜17日(木)の3日間、『ダイエット&ビューティーフェア2020』が東京ビッグサイト青海展示棟で開催予定。出展社も募集中とのことなのでこれからでも出展申し込みは可能なようだ。10月19日(月)〜21日(水)にはインテックス大阪で『ビューティーワールドジャパンウエスト2020』が開催予定となっている。4月の東京開催が中止になってしまったため、規模は東京に比べ小さいながらも弾みをつけたい展示会の1つ。11月16日(月)〜18日(水)は東京ビッグサイト西ホールで健康食品関連の『食品開発展2020』が開催を予定している。どの展示会も美容と健康業界における秋の大イベントとして毎年、新規顧客の獲得や新製品の発表の場として多くの出展者と来場者で活気に満ち溢れており、また来年度へ向けた布石を撃つ意味での重要な展示会だ。新型コロナウイルスの状況が不透明な中で開催中止も視野に入れざるを得えない面はあるものの、前を向いて業界が一致団結して進んでいきたいところだ。