仕入れなら業務用卸売市場Mマート

食品業界ニュース

水産1割増、総菜前年割れ

水産新聞
写真はイメージです。記事とは関係ありません。
 一般社団法人日本スーパーマーケット協会がまとめた5月の既存店売上げ(会員55社)は7・1%増。このうち食品は10・6%増と2桁の伸びを示したが、総菜が2・3%減と唯一前年実績を下回った。
 水産9・8%増、農産16・6%増、、畜産17・3%増、日配食品11・6%増、加工食品9・4%増とそれぞれ大幅に伸びた。
 水産品では、養殖マダイは卸値が下がり、売りやすい価格となったため好調。サワラやブリ、サケの切り身も売れ行きはよかった。初カツオを売り込む時期だが、量が大幅に減り高値となったため、売りにくく不調だった。