仕入れなら業務用卸売市場Mマート

食品業界ニュース

猿払日産最高300d

水産新聞
写真はイメージです。記事とは関係ありません。
 オホーツク沿岸の漁場造成が全域で始まった。流氷の影響で順延していた漁協も3月中旬から順次開始。北部の猿払村では日産最高300dの水揚げ。獲り残しが多いため例年以上の水揚量が見込まれる。造成状況に合わせ4月前半から稚貝放流が始まる。
 北部(宗谷・猿払村・頓別・枝幸)は、宗谷が計画通り15日に開始し20隻で初日65d、2日目は147d。猿払村も計画通り10日に開始し26隻で日産最高300dの水揚げ。