仕入れなら業務用卸売市場Mマート

食品業界ニュース

大手食品会社から引き合いも 乙部の若手着業者、製品化に力

水産新聞
写真はイメージです。記事とは関係ありません。
 ひやま漁協乙部支所の若手漁業者が檜山振興局などとタッグを組んで、乙部町の前浜で採取したアカモクの有効活用を目指している。生鮮やボイルで函館のホテルや東京のレストランに試験的に出荷し、高評価も獲得。今年は最適な採取時期の検討や含有成分など特徴を生かした製品開発に加え、大手食品企業など新たな販売先の掘り起こしにも力を入れる。
 桧山地域での日本海漁業振興対策の一環で、同振興局の独自事業として2018年から取り組んでいる。アカモクは1年生の海藻で冬から春にかけ成長。フコイダンなどの有用成分に恵まれ、健康面の機能性が高く全国各地で製品化などが進展している。