仕入れなら業務用卸売市場Mマート

食品業界ニュース

家畜遺伝資源保護法案・改正種苗法案を閣議決定

全国農業新聞
写真はイメージです。記事とは関係ありません。
 農水省は3日、和牛などの家畜遺伝資源の保護に関する2法案と改正種苗法案を閣議決定し、国会に提出した。優良な家畜遺伝資源や種苗品種の知的財産保護を強化し、不正利用や海外流出などを防ぐ。
 家畜遺伝資源の保護では、改正家畜改良増殖法案で家畜の人工授精用精液や受精卵の管理体制を強化。家畜遺伝資源の不正競争を防止する新法案も提出し、家畜遺伝資源の不正な入手や利用に対する差止請求などの民事措置や刑事罰を整備する。
 改正種苗法案では、品種の登録を出願する際に育成者権者が国内利用限定などの利用条件を設定し、条件に違反する行為を制限できるようにする。登録品種の自家増殖は育成者権者の許諾制とすることも盛り込んだ。