仕入れなら業務用卸売市場Mマート

食品業界ニュース

日本人宿泊者数は前年から24.9%増も前々年比では28.0%減

トラベルニュースat
写真はイメージです。記事とは関係ありません。
 京都市観光協会が発表した3月の市内81ホテルの宿泊状況によると、日本人延べ宿泊者数は前年同月比24・9%増だった。4カ月ぶりの増加となったが、コロナ禍前の前々年同月比では28・0%減。コロナ再拡大もあり、依然として苦しい状況が続いている。

 外国人延べ宿泊客数は同91・5%減。前々年同月比では99・1%減と、ほぼゼロの状態が1年続いていることになる。

 客室稼働率は2月と比べて12・9ポイント増の31・5%。ただ、こちらも前々年同月比では53・4ポイント減であり、良好とは遠い結果に。

 同協会では4月以降について、3月末からのまん延防止等重点措置、4月25日からの緊急事態宣言発令で今年も厳しい春になると指摘。3月時点での予約状況から4月の客室稼働率は16・0%、5月はゴールデンウイーク需要で23・3%と予測するが予断を許さない状況が続くとみている。

 情報提供「トラベルニュースat」