仕入れなら業務用卸売市場Mマート

食品業界ニュース

コロナ禍のご自愛消費にまつわる調査

菓子食品新聞
写真はイメージです。記事とは関係ありません。
スナックミーは、コロナ禍のご自愛消費にまつわる調査を行った。
 調査は全国の25〜59歳の男女を対象に、1月8日〜12日にネットリサーチで実施。有効回答数は670サンプル。
 86%の人が「ご自愛消費」を行うと回答。「ご自愛消費」は、気分転換やストレス発散のタイミングで、自分へのご褒美、楽しみを増やすために行われることが多い。
 「ご自愛消費」として最も多いのは「スイーツやおやつ」で全体の68%。
 その他、ランチ38%、ディナー29%と食関係が多く、購入先はECショップが最多。
 コロナ禍で42%の人の「ご自愛消費」が増加。
 コロナ前では月に1000〜3000円程度が最多だったが、コロナ禍では1万〜3万円程度が最多に。コロナ禍で増えたご自愛消費は「スイーツやおやつ」が最多。
 今後も、コロナ禍が続けば「ご自愛消費」を続けるという人が56%。消費先は、「スイーツ・おやつ」に加え、「旅行」、「温泉・スパ・サウナ」なども上位に。