仕入れなら業務用卸売市場Mマート

食品業界ニュース

海外需要、回復の兆し 冷静な価格で消費継続を

水産新聞
写真はイメージです。記事とは関係ありません。
 コロナ禍の影響を大きく受けた玉冷消流。内販は外食産業で苦戦しているが、巣ごもり需要に伴う量販店やテイクアウトを生かした回転ずしは順調に消化している。
 一方、海外では需要回復の兆しが顕著で在庫確保に向け輸入が加速。期首在庫は昨年の3500dを下回る予測で、2021年度シーズンを迎えた消費地では新物のサイズアソートと冷静な価格帯に注目が集まっている。