仕入れなら業務用卸売市場Mマート

食品業界ニュース

緊急事態宣言下の中『化粧品開発展』・『健康博覧会』『BWJ福岡』開催

健康ジャーナル
写真はイメージです。記事とは関係ありません。
 開催前週に緊急事態宣言が発令され来場者数に影響した感は否めない『化粧品開発展』
 1月13日(水)〜15日(金)の3日間に渡り、化粧品開発に関する国内最大級の展示会「国際化粧品展・化粧品開発展」(リードエグジビションジャパン主催)が東京ビッグサイトで開催された。今年の美容業界の最初の大イベントだけに期待度は高かったのの、開催前週の1月7日に緊急事態宣言が発令され来場者もまばらな感じなのは仕方ないところだ。それでも、規制がかかる中で来場される方は、今後のビジネスに活路を見出すため、真剣に商談されているシーンが印象的だ。一方で直前に出展を見合わせた企業も所々に見受けられた。主催者発表の来場者数は1日目3,594人、2日目は3,569人、3日目が3,485人の3日間合計は10,648人(速報値)だった。

 2年ぶりの開催で関係者の期待も高まった「健康博覧会」
 翌週の27日(水)〜29日(金)には「健康博覧会」が開催された。昨年は1回目の緊急事態宣言により開催が中止となり、2年ぶりの開催となったが、今年も2度目の緊急事態宣言下の中での開催となり、そのため、1日5,000人までという入場制限での開催だった。同展示会は健康業界の展示会として歴史も長く、パイオニア的展示会として業界内での期待感も高い。特に昨年が無念の中止となったため今年の開催には主催者、出展者、来場者とも大きな期待を持っていた感は否めないが、コロナ禍での開催、くしくも緊急事態宣言下とも重なって盛り上がりに欠けてしまったのは致し方ないところだ。それでも出展者の意気込みや来場者の熱意は感じられたことからも、有意義な開催となった。

 緊急事態宣言下で開催されたビューティーワールドジャパン福岡
 2月8日(月)、9日(火)の2日間に渡り、ビューティ—ワールドジャパン福岡が開催された。新型コロナウイルスによる緊急事態宣言下での開催となり、例年に比べ寂しい感は否めないが、それでも出展者や来場者の熱意は伝わった。
 九州開催は東京や大阪に比べ、規模は劣るが、美容・健康業界のメーカーや関連企業が出展した。九州は意外かもしれないが、情報の発信地区として注目されている。東京にはあらゆる情報や流行が集約されるが、その大元となる情報の発信元の一つとして九州も考えられている。例えばセミナーなどで話された講師の先生の内容が翌日には東京の方が知っていて問い合わせを受けるなんてことも何度もあり、こちらが驚くほどの発信力である。その一方で、最新のトレンドなどの情報が入ってくるのも遅い。これは九州だけにかかわらず地方に共通する事。
 こちらが普通に知っている話をすると知らない事も度々で、とても新鮮に感じられる事も多い。
 九州は通販の大手企業も多く存在している。以前、九州の大手通販企業の担当者に「なぜ、九州には通販企業が多いのでしょうか?」と聞いたところ、「理由はたまたまなのか、どうかはわかりません。ただ、九州、特に福岡県は地下鉄やバスなどの交通網が比較的整備されていて、通勤にも便利ですし、テナント代も東京や大阪に比べても割安感はあります。通販の場合、リアル店舗はそれほど重要視されていませんので、あえて都心である必要性もないですからね」と言っていた。