仕入れなら業務用卸売市場Mマート

食品業界ニュース

気象庁、農作物や家畜の管理に注意を

農業共済新聞
写真はイメージです。記事とは関係ありません。
 気象庁は2月24日、3〜5月の3カ月予報と6〜8月の暖候期予報を発表した。平均気温は、3〜5月・6〜8月とも全国的に暖かい空気に覆われやすいため、北・東・西日本で高くなる見込み。昨年と同様に例年より高温傾向が予想されるため、農作物や家畜の管理に十分な注意が必要だ。
 〈3月〉北日本日本海側では寒気の影響を受けにくく、平年に比べ曇りや雪または雨の日が少ない。東日本日本海側では、天気は数日の周期で変わる。東日本太平洋側と西日本では、天気は数日の周期で変わるが、低気圧の影響を受けやすく、平年に比べ晴れの日が少ない見込み。
 〈4月〉北・東日本日本海側では、天気は数日の周期で変わる。北・東日本太平洋側では、天気は数日の周期で変わる。西日本では、天気は数日の周期で変わるが高気圧に覆われやすく、平年に比べ晴れの日が多い。
 〈5月〉北日本と東日本太平洋側では、天気は数日の周期で変わる。東日本日本海側と西日本では、天気は数日の周期で変わる。
 〈6〜8月〉全国的に暖かい空気に覆われやすく、気温は北・東・西日本で平年並みか高い。北・東・
西日本では、梅雨の時期(6〜7月)は湿った空気の影響を受けやすく、平年に比べ曇りや雨の日が多い。梅雨の時期の降水量は、平年並みか多い見込み。その後は北日本で天気は数日の周期で変わる。夏の降水量は平年並みか多い見込み。