仕入れなら業務用卸売市場Mマート

食品業界ニュース

事業化視野に2季目の試験 トラウト好調、ホシガレイも

水産新聞
写真はイメージです。記事とは関係ありません。
 岩手県宮古市が取り組む、トラウトサーモンとホシガレイの養殖調査事業が成果を上げている。
 コロナ禍で消費が冷え込み、全国的に魚価が下落傾向の中、試験出荷を終えた1季は高品質を武器に高単価を維持。浜に活気をもたらした。両魚種とも2季目の試験がスタート。「つくり育てる漁業」の推進に向け、早期の事業化移行を目指す。