仕入れなら業務用卸売市場Mマート

食品業界ニュース

コロナ禍 巣ごもり需要進む

水産新聞
写真はイメージです。記事とは関係ありません。
 北海道産カキは、今季の身入りも良好で生産量は潤沢とみられるが、むき身と殻付きの消流はコロナ禍によって明暗が分かれた。
 量販店は巣ごもり需要が継続し、むき身中心に堅調な動き。
 反面、飲食店など外食主体の殻付き消費は厳しさを増している。
 労働力不足で産地加工業者の処理体制も万全とは言えず、今後の消流に一抹の不安を抱えながら後半戦を迎える。