仕入れなら業務用卸売市場Mマート

食品業界ニュース

輸出が倍増

農業共済新聞
写真はイメージです。記事とは関係ありません。
 米粉は、製粉技術などの向上による用途の拡大に加え、米国や欧州を中心に小麦アレルギーなどに対応したグルテンフリー(グルテンを含まない)製品市場での需要が期待されている。2020年1〜10月の米国や欧州などへの米粉輸出量は前年同期比2.3倍の184dに急拡大した。また、日本米粉協会は、20年度の米粉用米全体の需要は前年度比4千d増の約3万9千dと見通している。
 農林水産省では、グルテンフリーに関する「ノングルテン米粉第三者認証制度」や用途別基準の運用、製造工程管理JASの規格制定などを実施し、国内普及・輸出拡大を促進する。